頑張れ「お父さん」

妻と、dポイントを利用して昼ご飯でも食べに行こうという事になりました。

ポイントで食べられるんだから、ちょっと贅沢にいこうという事になり

「ペッパーランチでステ-キを食べよう!!」

という事になり早速外出。(我が家にとっては十分贅沢なんです(笑))

フ-ドコ-トにいきオ-ダ-をすると、早いですね~10分とかからないんですから。

これです。ちょっと写真の角度が悪いですね~。

席につき食べようかと思ったら、向かいの席に2歳くらいのお子さんを長椅子に寝かせた横で食事を済ませた様子のお父さんがいました。

お子さんに、ご飯を食べさせたら寝てしまったというところですかね。

お父さんは、スマホを操作しながら休憩をしているようでした。

その光景を見ながら私たちは

「二人できたのかね~ お母さんと待ち合わせなのかね?」

と勝手な事を話しながら食事をしていました。

私達の食事が半分位進んだ頃、余程疲れているのかお父さんの首が前のテ-ブルにゆっくり近づいては戻り、近づいては戻りを繰り返しているうちに寝てしまいました。

横で寝ているお子さんが寝がえりでもして落ちないかな?とちょっと心配しましたが、凄くのどかな光景を見ながら食事をさせてもらいました。

その後、5分も経たないうちにお父さんは目を覚まし、続けてお子さんも目を覚ましました。

多分男の子だと思いますが、泣きもせず黙って目を覚ましお父さんに直ぐに抱かれました。

お父さんは、紙コップに水を汲んでお子さんに飲ませた後に抱っこ紐で子供を前抱っこしました。

妻と私は声を揃えて

「二人で来たんだ~」

と微笑みながら見合わせました。

この光景最高じゃないですか。

私も子供が小さい頃、ほんの何回かですが子供と私だけで出かけて食事をした事があります。

子供は楽しかったとは思いますが、私は子供以上に楽しかったのかも知れません。

子供はこの事を記憶しているかは別にしても、父親の記憶には残ります。

子育てをしている時って、子供に沢山の楽しい思い出を作ってあげたいと誰しもが思っていると思います。

確かに子供に思い出が残りますが、それと同時に親にとっても良い思い出作りになっていると思います。

現実に我が家の子供達も沢山の思いでを作ってくれました。

子育ては決して楽じゃないと思います。(偉そうに言える立場ではないのですが・・・)

0歳の時、1歳の時、2歳の時、その先と、その時々の愛情表現があるような気がします。

可愛らしさの形も年齢によって違います。

子育て中の皆さん、子供に良い思い出作ってもらいましょう。

愛情をたっぷり注いで、沢山の思いでを・・・

それにつけても、フ-ドコ-トで見かけたお父さん素敵でしたよ!!

抱っこされているお子さんが、お父さんを信頼して抱かれていて幸せそうでしたよ。

頑張れ「イクメン」

頑張れ「お父さん」

“コ-ンフレ-ク” は当然美味しいけれど “かっぱえびせん” もやっぱり旨かった!!

昨日のブログで、”かっぱえびせん” に牛乳をかけて食べていた事を書いたのですが、検索してみると同じ食べ方をしている人いるんですね~。ちょっと嬉しかったです。中には少し砂糖を入れて・・・というのもありました。

でも、 “コ-ンフレ-ク” が高くて “かっぱえびせん” になったという人は、いないでしょうね・・・

検索しているうちに懐かしくなったので会社の帰りに買って来ました!!

そしてすぐに準備!!

CIMG3115

こんな感じです、シンプルでしょう!?

食べた事がある方は、おわかり頂けると思いますが旨いんです!!久しぶりに食べました~。

妻は好んで食べる方ではありませんでしたが、何の言葉もなく食べておりました。

「牛乳も飲んで良いの?」

と聞いてくるところをみると旨かったのでしょうね。

あくまでも私の個人的な意見ですが、

“コーンフレーク” は、上品な美味しさ

“かっぱえびせん” 牛乳かけバージョンは、ワイルドな旨さ

ってところですかね。

“かっぱえびせん”のCMは、吉川晃司さんがやっておられますが牛乳をかけて食べてくれませんかね~。

ミルクボ-イに対抗して・・・ミルクボーイはネタですけどね。

トイレットペ-パ-の位置

昔と違い今は、どこに出かけてもトイレに困る事はないですね。

私が子供の頃は、家を出るとなかなかトイレなんてない。

今のようにコンビニなんて当然ないし、道の駅なんてなかったですからね。

公衆トイレがあったのですが、寂し感じが怖いのと清潔感がなかったので殆ど使う事はなかったですね。

その点今は大抵何処に行ってもトイレはありますよね。(地方に行くと途中困る事はありますが)

先にも書きましたが、コンビニ・ス-パ-・道の駅にトイレがあります。

因みにですが、コンビニ・ス-パ-に寄ってトイレを借りた時には必ず何か買います。ほぼ飲み物ですけど、お店に申し訳ないので・・・買い物してますから使わせてくださいね~(笑)

道の駅のトイレは立派で綺麗ですから、清々しい気分で使えます。

便利な世の中になりましたね~。

でも時々なんですが、疑問に思う洋式トイレがあるんのです。

それは、大きい方を利用して、さあトイレットペ-パ-を使おうと思って設置場所を見ると、便座に座った位置のほぼ真横(肩の真横)にトイレットペ-パ-が設置してあるのです。

そうすると、体を結構ひねりながらペ-パ-を引かなくてはならず辛いのです。

ペ-パ-を切る時もやりずらいのです。

これって設計ミス?と思うくらいでした。

こんな思いをしたのは私だけですかね~。

便利な世の中になったのに、こんな事言っちゃいけませんね・・・

“コ-ンフレ-ク” と “かっぱえびせん”

今日、ラジオでリスナ-さんからのメ-ルで ”うちでしかやらない食べ方” というのを紹介していました。

そのお宅は、いくらの醤油漬けにバタ-をつけるというものだったと思います。ちょっとやってみようかなと思いました。

我が家にもあるんです。

我が家と言っても私が子供の頃の事なんですが。当時私は、今や大ブレ-クしている昨年のM1優勝者 ”ミルクボ-イ” のネタである ”コ-ンフレ-ク” のCMを見るたびに一度食べてみたくて母親に何回もお願いしたのですが、却下されていたのです。

あのCMを見ると、朝食に ”さら-っと” 器に入れて牛乳をかけて食べる。美味しそうだな~と憧れてました。納豆を箸でかき回すのでなく、スプ-ンでさっとすくって食べたい!!と思い、何度も母親にお願いをしたと思います。

ある日、母親が買い物から帰ってきて私に言ったのです

「ほれ牛乳だよ、これにかけて食べなさい!」

私は、“コーンフレーク”を買って来てくれたと思い、喜ぶどころではなく涙が出る思いでした。

しかし、手渡されたものは ”コ-ンフレ-ク” ではなく ”かっぱえびせん” でした。

当時、我が家は決して裕福ではなく ”コ-ンフレ-ク” はちょっと高価だったようですね。

母親は、自分で試したらしく

「美味しいから食べてごらん」

というのです。

私の頭の中は ”コ-ンフレ-ク” で一杯になっていましたので、ただただ呆然としていました。

しかし ”コ-ンフレ-ク” がここには無いという事を理解したので仕方がなく食べる事にしたのです。

どんぶり一杯に ”かっぱえびせん” を入れて牛乳を少々入れて食べてみました。

これが何と、いけるんです。美味しいんです。

私の好みとしては、牛乳に浸かり過ぎると柔らかくなりすぎるので、あまり浸かり過ぎず多少 ”サクッ” とする感じがあるのが好きでした。

”かっぱえびせん” を完食した後の、ちょっとしょっぱい牛乳も好きでしたね~。

でもこれは好みですね~。

進めても頑なに拒否する人、

「旨い!!」

と言ってくれる人もいましたよ~。

我が家の子供達にも食べさせましたが、”普通” みたいな感じでした。

私は、このおやつで大きくなったと言っても過言ではないですが、社会人になって一人暮らしをするようになった時、”コ-ンフレ-ク” を腹一杯食べました。美味しかったですね(笑)

私が子供の時に、”ミルクボ-イ” が ”コ-ンフレ-ク” ネタをやっていたら絶対食べてましたね。

“ミルクボ-イ” さんのお陰で懐かしい記憶が甦りました。

久しぶりに食べてみようかな・・・

~回想~娘が妻にプレゼント 父チャ-シュ-でショック

娘が5歳位の時だったと思います。

娘が、明日の日曜日に買い物に連れて行って欲しいと言ってきました。

「何を買うの」

と聞くと、小さな”まねきねこ”の置物が欲しいというのです。

「可愛いの?飾るの?」

と聞くと

「お母さんに買ってあげるの」

というのです。

そうれを聞くと嫌とは言えないですね~。

翌日妻は午前中パ-ト、息子は友達と遊ぶという事だったので

「朝ご飯を食べて、お母さんと兄ちゃんが出かけたら出発するよ!お母さんには内緒ね。」

と約束をして就寝。

翌日、朝食を済ませ二人を見送り娘と二人で出発!

店に入り早速探すと娘は直ぐに見つけ

「これ!買う!」

と走ってきました。値段は400円。

私がお金を払おうとすると、娘が自分で払うというのです。

お年玉の中から持ってきたようで、自分で買って母親に渡さないと意味がないと思ったのでしょうね。私が買ってあげると言ったのですが頑なに断られた気がします。

父親としても嬉しい気持ちでしたし、娘も嬉しそうでしたので、昼食は外食をしようと思い娘に提案しました。

だた店の近くには、ラ-メン屋くらいしかなかったので問答無用でラ-メン屋です。娘もラ-メンは好きでしたしね。

私は味噌ラ-メン、娘にはご褒美のつもりでチャ-シュ-麺を頼みました。

ラ-メンが運ばれてきて、

「さあ食べよう、いただきます!!」

と言った瞬間

「〇〇チャ-シュ-好きじゃない」

あっらっ~ですよ。

父親としてちょっと格好よく決めたつもりが・・・

当時私は、娘の嫌いのものも知らなかったんだと、ちょっと落ち込みましたね。

一緒に居てあげる時間が少なかったんだと本当反省しました。

そう言われたものですから、チャ-シュ-は全て私の器に移動して完食。

ほどなく店を出て帰宅です。

妻は、パートが終わり帰宅していたのですが、

「二人で何処に行ってたの?」

と聞いてきたのとほぼ同時に

「はい!お母さん!」

と先程買った”まねきねこ”の置物を手渡しました。

袋を開けた涙腺の弱い妻は、

「あら~!!」と声をあげた後

号泣でです、その後は言葉になっていませんでした。

どうやら妻が、何かで ”まねきねこ” を見て

「可愛いね~」

と言っていたらしいのです。

娘はそれをしっかり聞いていたんですね~。健気ですよね。

妻が落ち着いてから、チャ-シュ-の話しをしたら

「あの子あまりすきじゃないね」

とバッサリ!!

落ち込みながらも私は娘の貯金箱に、ご褒美とチャ-シュ-のお詫びを兼ねて400円を入れておきました。

因みに、娘は今社会人ですがチャ-シュ-は大好きです。

当時の事を聞くと、何となく覚えているようですが何で嫌いだったかは定かではないようです。

思い出すと笑えます・・・

大型車両の前に割り込むのは危険です!!

前回に続き、冬道の運転について書きます。

あくまでも私の知っている限りの話しですが、大型車両のドライバ-は、冬道の運転では前車との車間距離をかなりとって走行しています。極端に言うと乗用車が2~3台(ちょっと大袈裟ですね(笑))入れる位の車間距離をとって走行している場合もあります。

「おっそいな~!」「なんでこんなに空けてるんだ!?」

なんて思っている人はいないでしょうか?

又は

「おっ!空いてる」

と思い大型車両の前に ”スット” 割り込んだ経験がある方はいらっしゃいませんでしょうか?

その割り込む行為、大変危険です。疑問に思っている方は是非大型車両の特性を理解して頂きたいと思います。

大型車両(バス・トラック・ダンプ・トレ-ラ-)と様々な車種がありますので、全て全く同じではありませんが、基本、乗用車より止まりずらいのです。

乗客あり・荷積みをしていれば更に止まりづらくなります。

重たくなればなる程止まりづらくなるのです。

その状況を大型車両のドライバ-は理解しているので、特に冬道では車間をいつも以上に空けて走行します。(時々 ”?”というのもありますかね 注意ですね)

そこへ、スペ-スがあるからと割り込む行為(いきなり入る、若しくは正しい進路変更合図を出さずに入り込む)をすると、大型車両のドライバ-は追突する恐れがあるのでブレ-キを踏みます。(場合によっては急ブレ-キ)

そうすると、

〇大型車両の後続車が焦ってブレ-キを踏んで止まり切れず追突

〇大型車両がブレ-キを踏んだが止まれず追突

〇トレ-ラ-に至っては、急ブレ-キを踏むと連結しているシャ-シに押される為ジャックナイフ現象(くの字に折れ曲がる)を起こす事があります。

正しい進路変更の合図ってなに?と思っている方いませんでしょうか?

進路変更はウインカ-を出して周りにお知らせをします。

それを、

〇ウインカ-をも出さずに進路変更

〇進路変更と同時にウインカ-を出す

〇ウインカ-を1回出して直ぐに進路変更をする

これらは、急な割り込みに入ると思います。

大型車両の間に

「入りたい!!」

「入らなければならない!!」

「入れさせて!!」

こんな時は、ウインカ-を出して

「入りますよ~、入らせてくださ~い」

と事前に知らせることでスム-ズにいくと思います。

道路交通法では、進路変更は3秒前・右左折の合図は30m前となっていますが、状況によりますので、多少早く知らせる事が必要な時もあると思います。あまりにも長いと迷惑(混乱する)行為になりますので注意して下さい。

こんな事を理解して頂けると、事故が減るのではないかと思います。

大型車両との事故は、物損事故だけで終わらないケ-スが多々あります。

少しでも事故が減る事、痛ましい事故がなくなる事を祈ります。

車は安全に楽しく運転しましょう!!

冬道の速度と車間距離には気を付けて!!

北海道はここ数日で一気に雪が降り積もりましたね~。

今迄は、積雪が少なく路面も出ている所が多く車も走りやすかったのではないでしょうか?

今迄路面が見えていたのに急に圧雪になると、事故が急増します。

先日も、どうして?というような所で横転事故や追突事故が発生していました。

そんな光景をみる事が増えたものですから少し書きます。

雪が降ると渋滞しますからイライラするんですよね。

渋滞を抜けたと思ったら渋滞分の挽回をしたくて、ついついアクセルを踏むなんて事はないでしょうか?

そこでなんですが、速度・車間距離について少しだけ書きます。

車両事故の多くの原因は、速度の出しすぎと車間距離だと言われています。

速度を出しすぎると、目的地に早く到着するかも知れませんが、危険も増えます。

車を運転している人なら誰でも一度は耳にしているとは思いますが、

「認知」 「判断」 「行動」

例えば運転している時に

「目視します」

次に

「あっ!危ない!!」

そして

「ブレ-キを踏む」

という一連の動作になります。

アスリ-トで優れた人でも「危ない」と思ったと同時にブレ-キを踏んでいる人はいない筈です。

もし危険が目の前に迫りブレ-キを踏む時が来た時、例えば時速60kmで走行していると

空想距離・・・17m 制動距離・・・27m 合計・・・44m(普通自動車平均)

と言われています。冬は滑りますから更にプラスαですね。

空想距離とは・・・停止の必要を感じた時からブレ-キ操作の開始を経て実際にブレ-キが聞き始める迄の距離の事。いわゆる、認知→判断→行動になると思います

制動距離とは・・・ブレ-キが効き始めてから停止するまでの距離

そうなんです、交通標語でもありますが(ありますよね(笑))

「車は急に止まれない」

この事を理解して、速度に対して余裕のある車間距離をとって走行していないと事故に繋がる恐れがあるのです。

速度制限標識に60kmと表示されていても冬道では、それ以下で走行しないと危険な事が多々あります。

冬道は予測のつかない事が沢山あります。

・ブレ-キを踏んでも全く効かない

・交差点で曲がろうとブレ-キを踏んで徐行していくと、交差点手前から急に滑りだした

・普通に真っすぐに走行しているのに、急に車が斜めに滑りだした

・雪で視界が悪い(見えない)

等々色々な事があります。(私も経験してます)

路面状況・道路状況(渋滞等)・周囲の状況(住宅街で子供の飛び出し等又鹿の出没・今は熊もありますね、でも熊はどうしましょう・・・)を考えながら運転に注意をして事故を減らしましょう!!(基本はゼロ目標すよね・・・警察署の皆さま すいません・・・)

「物損事故だけで良かった」

という言葉を聞きます。私も怪我なく良かったと同じく思います。

しかし、一番良いのは何もない(事故がない)事が良い事だよな~と思うのです。

例えばですが被害者の車が新車だったなんて事があると、被害者は落胆しますよね。

レア物なんかでしたら、それこそ大変。これは、実際に知人の勤めている会社で加害事故があり、1年以上経過しても和解できていないといっていました(人身も絡んでいるようです)

いずれにしても、事故はない方が良いですね。

誰もが嫌な気持をせずに又、怪我や最悪の事態にならないように。

冬道は滑って当たり前ですよ~!!

皆さん安全運転しましょうよ!!

男のトイレ事情

新聞を読んでいると、トイレ事情の記事がありました。

男性が家の様式トイレで ”小”をする時は、

立ち派?座りは?

というものでした。

因みに私は立ち派です。

確かに時々こんな話は聞いていたんです。

私の義理の弟は5年ほど前に新築したのですが、座ってすると言っていました。

調べてみると、外では立ってする派が90%以上ですが、家では座ってする派が過半数を超えているそうです。

驚きました。

でも驚いているのは、私のような50代で(ひょっとしたら私だけ?)若い人たちにとっては常識なのかも知れませんね。

50歳以上なると、排尿に色々な障害がでてきます。

切れが悪い・残尿感がある・排尿後に尿漏れをする。

尿漏れは4割もいるそうです。

私も他人事ではありません。

残尿感・尿漏れををケアするにも座ってした方が良いみたいですね。

もう誰でも知っている事ですが、立ったまま様式トイレで用を足すと

はねたり、こぼしたりします。という事はトイレ周りを汚すという事。

これについて、某大学教授が記事を載せていました。

汚したら掃除をしなくてはならない。結婚している人であれば奥さんが掃除をしている家庭が多い。誰だってトイレ掃除が好きな人はいませんよ・・・と。それを読んで納得させられました。(遅いのかもしれませんが)

子供の頃、TVドラマ、映画を見ていると外で用を足すシ-ンがあり、このワイルドさが男だと思ったような気がします。

今は、基本外では駄目!ですよね。

座って用を足して欲しいと思っている奥さんは沢山いるそうですが、たとえ夫婦であっても排尿事情までは言いずらい、言いにくいという事もあり、男性に座って欲しいというのが本音みたいです。うちもそうなのかもしれません。

そこで本州では

”モラル男の座りション”

というステッカ-を製造しているようです。(当然販売しているのでしょう)

そうです今の世のなか、配慮ができる優しい男が女性から指示を得るんですね。

私の家も家事を殆どが妻がやってくれています。

そして誰もがやりたくない筈のトイレ掃除もしてくれています。

私なんか、ほんのたま~に晩御飯を作ったり、洗濯をする位です。

トイレ掃除はしたことがありません。

毎日家事をしてくれている妻に感謝はしているのですが、思っているだけじゃあ駄目ですね。感謝の言葉を伝えるだけでも駄目ですね。妻の負担を減らす努力をしないと。

若い夫婦の方たちは、家事を分担してやっていると聞きます。

私には、分担までは無理かも知れませんが、少しでも妻の負担を減らす努力をしないと駄目だと、この記事を読んで痛感しました。

まずトイレの掃除から始めます。

因みに私の妻は肩こりが酷いのと変形性膝関節症なので、肩のマッサ-ジと膝のリハビリの手伝いはしております。

言い訳ですけどね。

そろそろリハビリで病院にいきますので、状況に変化等あればご報告したいと思います。

旦那さん(私を含めて)奥さんの負担を少しでも軽くしてあげましょう!!場合によっては手伝いが邪魔で負担になると言われることもあるかもしれませんが・・・(笑)

~回想~息子の初めてのお使い

4歳の無息子に初めてのお使いを頼んでみました。

何を頼んだかまではもう覚えていないのですが(27年程前になるもので・・・)

「お使いに行ってくれたら自分の好きなものを買ってきても良いから行ってくれる?」

と聞いてみたのです。

すると、目を輝かせながら笑顔で

「うん!!」

と返事をしてきたのです。

私達夫婦は、行かないだろうと思っていたのでビックリです。

息子に言っておいて何ですが、近くのコンビニ迄約400m位の距離で、コンビニに行くには片側2車線道路の信号を渡らなくてはならないので心配です。

しかし、息子は行く気満々!

親の勝手で取りやめにするのも可哀そうなので思い切って行かせる事にしました。

但し、テレビ番組ではないですが私が後をつけて行く事にしました。

しかし妻は心配で心配でたまりません。

息子は妻の心配をよそに、妻にジャンパーを着せてもらい小銭入れにお金を入れて首から下げてもらい ”ルンルン”です。

私は息子に

〇道路は歩道を歩く

〇絶対走らない

〇道路を渡る時は右左を絶対に確認する

〇信号を渡る時は、青になったら右左を見て手を上げて渡る

以上の事を言い聞かせました。

当時住んでいたアパ-トは、車通りが殆どない所で唯一信号を渡る道が大通りで難関だったのです。

いざ出発!

息子は躊躇せず、

「行ってきます!!」と

それはそれは元気な声で妻と私に手を振って出かけて行きました。

私もすぐさま出発です。

離れてついて行くと、危険な事があっては困るのでかなり接近してついて行ったのですが、息子は幸い一度も振り返る事なく歩道を歩き、歩道の切れ目になると止まって左右を確認して又歩き出しました。

大したもんだなという思いと同時にちょっと胸が熱くなった事を思い出しました。

それから暫くすると難関の信号です。

TVだと周りにスタッフが変装していますので安心なんでしょうが、私は流石に息子一人で横断させる事ができずに息子の前に登場しました。

「お父さん来たの?」

と、ほっとした表情の息子が抱きついてきました。

不安だったんですね~。

家で待っていた妻も不安だったようです。

当時まだ携帯電話が今のように普及していませんでしたので直ぐに連絡する事もできませんでしたので、妻は帰りを待つしかないんです。

ただ私は、絶対に安全に買い物をさせられるようについて行きましたけどね。

息子と手を繋ぎ信号を渡りコンビニに入り買い物。

息子は自分のお菓子を買った後に、妹の分も買って良いか聞いてきたんです。

小銭入れには、妹の分も買えるお金を入れておいたのですが、

「小銭入れにお金入っているか?」

と聞くと

「入ってる!!だから良い?」

と聞いてきたので

「良いよ」

と返事をすると直ぐに自分と同じものを手に取りました。

その時は感動でした。

家では直ぐに喧嘩して泣かせているのに、妹の事を考えてるんだな~と。

初めてのお使いは大収穫だなと私は大満足でした。

玄関を開けると妻が笑顔でお出迎え。

道中の事、コンビニでの様子を話すと妻は号泣です。涙腺が非常に弱い妻なんで予想はしていましたが想像を超えましたね~。まるで喧嘩して私が泣かしたような感じでした。

でも母親ですからそうなりますよね。

子供の教育って簡単ではないと思うんです。

ただ一つ言える事は、愛情をもって接していく事は凄く大事な事だなと思いましたね。

甘やかす事は決して良い事ではありませんが、さじ加減です。

子育ては、怒らなくてはならに時も当然あります。でも褒めてあげられる時は、おもいきり褒めてあげたいですね。

愛情をもって・・・

マスク(顔)が怖い!マスクがない!

昨夜、夕食の支度に足りないものがあるという事で近くのス-パ-に買い物に行った時の事です。

閉店30分前という事もあったのか客は2人位しかおらず閑散としていました。

入店すると、マスクをしたレジの女の子(学生アルバイト?)が買い物かごを片付けていたのです。

私達が入店し、自動ドアが開いたのでこちらを見たのですが

鋭い眼光でこちらを見た後、何の言葉もなく戻っていきました。

ちょっとびっくりです。

「いらっしゃいませ~」

っていう言葉はないのですかね~。接客の基本です。

接客にマスクをしている事については何の問題もないと思っています。 

この季節はインフルエンザが流行する時期ですし、新型コロナウイルスの事もありますので、感染防止対策ですね。

ただね~今回のケ-スは良くないですよね。

マスクをして顔の表情がわかりずらいので ”するどい眼光” (マスク(顔)が怖い(笑))に見えたのでしょう。ですから尚更、接客態度が大事になるんですけどね~。

客と目が合ったら

「いらっしゃいませ」

は最低限必要ですね。

こんな思いで買い物を済ませた後、ドラッグストア-にマスクを探しに行く事にしました。

別にマスクをした女の子を見たからではなく、マスクが品薄でなかなか無いので、あったら買おうというつもりだったのです。

ドラッグストア-に行くと、入店と同時に

「いらっしゃいませ」

と明るい声。

商品の陳列をしている店員さんも、私達が通ると

「いらっしゃいませ」

時間が遅く客が少ない事もあり、中には2人で楽しそうに話しをしている店員さんもいたのですが、客に気づくと笑顔で

「いらっしゃいませ」

という感じです。

先程とは雲泥の差です。

売り場で楽しそうに話していても、客が通れば素早く切り換える。

これですよね~。

売り場で楽しそうな話しをしている事については限度はありますが、私が見た限りでは許容範囲だったと思います。

こちらのドラッグストア-には食品類も陳列していますので、ちょっとしたものはス-パ-に行かなくとも買えるんですよね。

ドラッグストア-に来て、ちょっと気分が晴れマスクが陳列されているコ-ナ-にいくと、

マスクがない!!”品切れ”です。仕方がないですね。

予想はしていました。(もしかしたらと期待もしていましたけど(笑))

もう少し待つと入荷してきますかね~

我が家の在庫も減ってきました。

こまめに、マスクを探しにドラッグストア-に行きます!!