「ケイティブレイブ」と「長岡 禎仁」騎手

2020年2月23日(日) 東京競馬場で「フェブラリーステークス GI」が開催されました。

優勝馬は1番人気の「モズアスコット」

2着に16頭中16番人気の「ケイティブレイブ」が入りました。

しんがり人気の2着ということで波乱の立役者となったようですね。

この馬、重賞レ-ス10勝(うちG1・3勝)と優秀な馬なんです。

しかし最近は有力ジョッキ-が騎乗しても、あまり良い成績を残せていなかったんです。

今回、瀧本 和義オ-ナ-の意向で「フェブラリーステークス」に出走する事になったようです。又、鞍上には約2年間調教をつけていた 長岡 禎仁騎手を指名したような事が書いてありました。長くパ-トナ-を組んでいるから、誰よりも「意思疎通」ができていると・・・

この記事を読んで思ったのですが、誰よりも「意思疎通」ができている。

だったらもう少し早く騎乗させる事はできなかったのですかね?

と思ってしまいます。

競馬の世界は、私達素人なんかには到底わからない事が星の数程あるのでしょうが、最近の競馬は有力馬は有力騎手に騎乗依頼がかかる傾向が強いです。その結果、思い通りの結果がでる時と当然ですが結果を残せない事もあります。

勝負の世界・ビジネスという意味でも仕方がない事だとは思うのですが、面白み、楽しみ方が薄れてきているような気がします。

競馬のCMも今は、人気俳優・女優・タレントさんを起用して楽しさを前面にだしています。

「競馬場にいこうよ!!こんなに楽しいよ!」

「こんな楽しみ方があるよ!!」

っていう感じですよね。

今回は、鞍上が有力ジョッキ-ではないということもあり「しんがり」人気。

でも惜しい2着ですよ。

決して、若手・中堅に闇雲に騎乗させたら?と言いたい訳ではないのです。

調教等で、きっちりした仕事をしている騎手にチャンスを与えて欲しいなという希望です。

競馬をもっともっと面白くする為に。

それと、一生懸命にやっている人に結果を出せる状況を作ってあげられるといいな~と勝手に思っております。

なんにしても、長岡 禎仁騎手 見せ場を作ってくれて面白かったです。

まだ9年目、これからの活躍を楽しみにしています。

因みに、長岡 禎仁騎手を応援しましたが私の馬券は全く関係なく外れました・・・

イオンシネマで・・・

以前、妻と映画を鑑賞に行った時の事です。

チケットを買う為並んでいる時に「夫婦50割引き」と書かれているのが目に入ったのです。どちらかの年齢が50歳以上の夫婦は鑑賞料金2,200円(二人で)というものでした。

それを見た妻は、嬉しそうに

「良かったね、お父さんは50歳過ぎてるから割引きになる!!」と言ってきたのです。割引きになる事は私も嬉しい事なので良かったと当然思ってはいたのですが、私は妻に笑いながら

「あなたも50歳だから大丈夫だよ」

と教えてあげました。

すると妻は

「あっそうだ、私も50歳過ぎてるよね~」ですって。

当時、私は51歳位の時だったのですが、妻は早生まれの同学年。私が51歳を過ぎていると妻は当然50歳に到達しているのです。

私は、妻の顔が真顔だったので、「どうやらこいつは、真剣に言ってるんだな」と確信したのと同時に笑いが止まりませんでした。

しかし、この妻の天然発言が私を癒してくれているなとその時思いましたし、こんな会話ができる夫婦になれて良かったと思っています。(因みに天然と言われる人は優しいと私は思っておりますが・・・(笑))

まあ私も同じような所が少しありますが・・・(私 2: 妻 8 の割合ですかね 妻は否定するかも?)

この時観た映画は全く記憶にありませんが、この出来事は鮮明に覚えています。写真や映像には残っていませんが、私達の私の楽しい思い出です。

これからもありますね・・・(笑)