<続>鉄人だった母親の今

鉄人の母は稲刈りの時期になる農家にアルバイトに行っていました。

当時は「でめんさん」と言ってましたね。

北海道の方言らしいのですが、農家でアルバイトをする人を「でめんさん」と呼んでいました。

私は子供ながらに「でめんさん」って何だ?

デメキンのと関係があるのか?と思ってましたね。

もう一つ疑問に思っていた事がありました。

これは知っている方が多いのかも知れませんが

農作業に一緒について行くと、10時位と15時位に

「こびるだよ~」

と言って、パンやお菓子を持ってきてくれるんです。

私は、何だかよくわからないけれど「パンやお菓子が食べられる!!」と嬉しかったのですが

「こびる???」

と思っていました。

子供の私は言葉が「ひらがな」でしか頭に入ってこなかったので全然理解できなかったのですが

漢字にすると「小昼」なんだそうで

小さいお昼=おやつ

という事だったんです。

「おやつだよ~」

でいいじゃないですかね(笑)

本題に入ります。

鉄人(ここから母親を鉄人と呼びます)が稲刈り作業をする時に一緒に行った時の事です。

当時(50年近く前)は鎌を使い手作業で稲刈りをするのですが、刈った稲を乾燥させる為に ・杭掛け・ハサ掛け(簡単にいうと木に掛けて干すというイメ-ジ)・束にした稲を直接田んぼに立てかける、といった方法で乾燥をさせるのです。

その後回収をするのですが、直接田んぼに立てかけている稲を回収する時なんですが、稲の束を持ち上げると、かなりの確率でネズミがいるんです。

鉄人はそれを知っていて持ち上げた瞬間に捕獲作業に入るんです。

軍手をはめた手で・・・

そして捕獲!(反射神経が良かったんですね~)

この時もカニを捕獲した時と同じく噛まれて「痛い!!」って言ってましたね(笑)

でもその後、「ほれネズミだよ」って見せてくれるんです。

弟と私は喜んで見てました。

鉄人は相変わらず弟と私を喜ばせようと体を張ってましたね~。

今思えば・・・やっぱり鉄人ですね(笑)

この鉄人とは現在、二世帯住宅で暮らしているのですが、先日我が家の猫が鉄人に牙を剥きました。

普段は鉄人の足元で昼寝をする猫なんですが、どうも機嫌が悪い時に構い過ぎたようです。

鉄人には言ってあったんです

「ちょっとキカナイところがあるし、猫は気まぐれで、構われ過ぎると噛んだりするから気をつけなさい」と何度も・・・

ところが

「いや~この子はそんな事しないから~」

と全く気にする様子なし

でもその結果がこれです

病院へ行ってきました
犯人(猫)です

無残な姿になりました。

孫である私の息子に

「ばあちゃん大丈夫かい?気をつけれって言われてたしょう」

と言われ

「うん言われてた~ こんな事する子じゃないんだけどね~ でも大丈夫だよ」

と苦笑い。

もうあの頃の鉄人は何処にもいません。

鉄人も今は77歳。

孫に心配をされる可愛い「おばあちゃん」になりました。

因みに我が家の猫は息子には何をされても、な~にもしません。

拾ってくれた息子が主人だという事がわかっているのでしょうね。

餌は毎日、私があげてますけどね(笑)

鉄人だった母親

子供の頃、母親が弟を自転車の後ろに乗せ私は自分の自転車に乗り、多分30分位時間をかけて河川に出かけた。

その河川は床止めの施工がされていると言って良いのでしょうか、要するに川底、法面をコンクリ-トで施工してある河川でした。

河川に到着すると、レジャーシートを敷き何かしらのお菓子をおいて、弟と私を座らせ母親はすぐ近くの河川に向かって行った。

法面は隙間や穴のような箇所があるのだが、母親は躊躇なくその隙間に手を入れた、それも素手で。

そうすると

「痛い!」

という母親の声と共に手を隙間から抜くと、手には黒いカニがいたのだ。

母親はカニを獲りにきたのです。

私達にカニを見せたかったのでしょうね~。

弟と私は、かにを見て大喜びです。

自分の指をはさみで挟まれながらカニを捕獲する母親は鉄人でした。

子供ながらに、「母親には怖いものなんてないんだ」と思った記憶があります。

まさに「母 強し!!」

獲ったカニは家に帰ってから茹でたのですが、黒いカニが茹でると赤くなるのを見てビックリです。

ゆでたら赤くなるという事をその時学びました。

まさに自然体験学習といったところですかね。

川で獲れたカニは小さくて、わずかしか食べるところはなかったと思うのですが弟と私は、漁?をこの目で見たものを調理してもらった喜びもあり格別な味だったような気がします。

50年程前の話しです・・・

その母親も今は優しい、おばあちゃんです。

こんな昔話、最後まで読んで頂きありがとうございます。

たま~に当たり!ポテトチップス

今日は妻がパ-トなので一人の休日になった。

13時頃になりお腹が空いてきたので何か作ろうかと思い、おもむろに野菜室を開けるとじゃが芋が入っていた。

じゃが芋を見ているうちに、子供達が幼稚園児だった頃に素揚げを作って食べさせた事を思い出した。

妻が風邪をこじらせてしまい寝込んでしまった時の事。

私は仕事を終えて家に帰ると

確か当時4歳の息子と2歳の娘が、待ってましたとばかりにアパ-トの狭い玄関で二人ひしめき合うあうように私を迎えてくれた。

そして間髪入れずに、妻の具合が悪いという説明を二人同時に話しだした。

その時は妻には申し訳なかったが、私はおかしくて仕方がなかった。

妻の様子を見に行くと、大分良くなったけれど子供達の相手はできなさそうだったので、妻にはお粥を作り子供達の晩御飯のおかずの一つに、じゃが芋の素揚げを作った。

何故それを作ったまでは覚えていないが、塩を振って食べたり、ケチャップをつけて食べた。

たま~に薄くスライスできていたものがあったようで、子供達は

「ポテトチップスだ~」

と言って喜んで食べていた事を思い出した。

子供って、なにかしてあげると全力で喜んでくれるので

作り甲斐があり嬉しかったですね~。

見た目も良くないし、特別美味しい訳でもないのに喜ぶんです。

ある意味子供は、親を良い気分にさせて使うのが上手いんですよね。

そんな事を思い出しながら一人で素揚げをしてみました。

じゃが芋一袋全部使ってしまったので、妻になんて言われますかね(笑)

後片付けもしながらやったので、その辺は大丈夫かな・・・?

本日の夕飯の一品に添えさせて頂きます。

何事にも基本がある 胡坐をかいた時から不の連鎖が始まる

ある大手小売り業の店舗で買い物をした時の事です。

スマホのアプリに割引券が届いていました。

別なチェ-ンストアで利用した事もあり利用できる事はわかっていたのですが、念のため妻は

「これ使えますか?」

とレジの女性従業員に尋ねた

すると

「えっ!何これ 始めて見た」

アプリには利用しているチェ-ンストアの他に、別の系列の店舗名も書かれていたのですが、それを見ながらその従業員は

「これは、別の系列でしか使えません」

と言ってきたのです。

そこで私は

「〇〇店では使えましたけれど、こちらは使えないの?」

と言うと、慌てて横から一人の女性従業員がきてアプリの画面を確認

「これ使えますよ 書いてありますよ」

と最初に対応をした従業員に諭した後に、私達に向かい事務的に

「申し訳ありません、ご利用頂けます」

と言い直ぐにその場から去って行った。

その後、最初に対応した従業員がアプリのバ-コ-ドをスキャンすると読み取り完了(最初からバーコードが表示されていたので、スキャンして確認をすれば良かったんです)

従業員は

「あっ!本当だ」

と言いながら、謝罪もなしで作業を続行しました。
接客の教育を受けたのかな?

このレベルの低い接客に私達は特に怒る事もなく、ただただ呆れて何も言う気持ちになれず買い物を済ませました。

この出来事どう思われるでしょうか。

従業員の接客教育ができていないのは勿論なのですが、もう一つ問題があるのです。

最近はスマホにお店のアプリを登録すると、ク-ポンが届き、お得な買い物ができるようになっていて消費者にとっては大変喜ばしい事です。

しかし、肝心のお店の従業員が把握していない事があるような気がします。

実際に私達は何度か体験しています。

これは、店側(企業側)に問題がある。

店側が従業員に周知徹底ができていない。

要は教育等が行き届いていないという事になります。

折角、集客を増やし、売上を増やす為に販売促進を講じても、これでは逆効果です。

新しい販売促進物があり過ぎて従業員が対応しきれないのであれば、その販促はやめるべき。

又、その状況を店側がきちんと把握するべきなのだと思います。

今回のケ-スは、従業員の接客態度は論外だと思っていますが、店側の教育・周知方法が一番の問題だと思います。

因みに、以上の事を責任者に話したいと思い、別のフロア-で従業員に話しをすると

「今 連絡をとりましたが責任者全員忙しいようで誰とも連絡がとれません」

と言われ、ここでまた呆れてしまい笑顔で

「じゃあいいで~す」

と帰ってきました。

クレ-マ-だと思われたのでしょうか?

そもそも責任者誰一人として、この事態に対応をする人が居ないのはどうなんでしょう?

人材不足なのでしょうかね~。

大手企業で業績が良いという事に胡坐をかいていては大変な事になるのでは?
と思いますけどね・・・。

ついに来た!!

娘ネタ続きになりますが

一人暮らしをしている娘が帰ってきた時の事です。

夕食を食べて少しすると

「お話しがあるので聞いて下さい」

と言ってきた。

妻と私が椅子に座ると

「今付き合っている人と結婚しようと思ってます」

と言ってきた。

私も妻も察しはついていた。

妻と息子(兄)は既に彼氏には会っていて良い人のようだと聞いていたし、娘の選んだ人を反対する理由はない。

そういう意味では娘を信頼していた。

娘には以前から「お前の選んだ人との結婚を反対する事はない、ただそこから先は二人の責任で生活をしていかなくてはならないからな」と話していたので

「良いよ」

と一つ返事で祝福をした。

だが娘は、目に涙を一杯溜めている。

彼氏というのは、全国に拠点がある営業職なので転勤がるのです。

そうなると、今は直ぐにでも里帰りできますが、転勤するとそうはいかなくなります。

自分が寂しいというよりも、「近くに居れなくてごめんなさい」という事だったようだ。

その言葉を聞いて、涙腺が緩みかけましたが何とか耐えた。

だが妻は私の横で、涙ボロボロでした。
「良かった、おめでとう」という気持ちと寂しさで・・・

私達の本音は、当然、近くに居てくれた方が良い。

しかし、娘の幸せを親の一言で壊すわけにはいかないので、そんな事は言わない。

実はこの事はもっと早く記事にしようと思っていたのだが、なかなか書けなかった。

顔にも態度にもだしていないつもりでしたが、寂しさが「なかなか書けない」という、ここにでてしまったようです・・・

この事があったから、娘の事を想いだして記事を書いたような気がします。

まだあったら書きますけどね(笑)

娘からこの話しがあった後に食事を皆(我が家4人と彼)でする事になっていて、昨日の夜に食事をした。

最初に

「親として一つだけ言わせてもらう 娘を大事にしてくれな」

と、お願いをして楽しく食事をしてきた。

直接会った私の感想も、妻と息子から聞いていた通りの男だった。

翌日、妻と買い物に出かけ

「娘は遠くに行きそうだけど、お前には俺がいるから良いよな」

と言ったのだが、妻からは

「う~~~ん」

という何とも寂しい返事だった・・・(笑)(笑)(笑)

深夜の恐怖・・・

あの時の事は今でも鮮明に覚えている。

息子5歳・娘3歳位の時だったと思う。

妻は用事があり出かけていた夜の事だった。

子供達二人を寝かせた後、私は椅子に横になりながらテレビを見ていたのですが
23時を過ぎたあたりで寝てしまったらしいのです。

どれくらい時間が経ったのかはわかりませんが、急に私の胸のあたりに何かが
乗ってきたのです。

その瞬間、眠りから覚めたのですが怖くて目があけられません。

「もっ、もっ、もしかして、これが金縛りというものなのか?」と思いながらじっとしていました。

私は、俗にいう霊感は全くなく、見た事も感じた事もなく、まして金縛りなんてなった事もありませんでした。

じっとしていたのは僅かな時間だったと思うのですがその後、意を決して目を
あけました。

すると、私の目の前に顔が・・・

そして、その直後に言葉を発したのです

「お父さん オシッコ~」

胸の上に乗っていたのは、娘だったのです。

いや~ほっとしましたね~あの時は。

恐怖が微笑みに一瞬で変わり、娘を抱きしめました。
今は抱きしめさせてくれないと思いますけどね・・・(笑)

娘は多分、目が覚めて自分の横を見ると、いつも横にいる筈の母親が居ない事に寂しさを感じたのでしょうね。

それで私の胸の上に乗り、顔を覗き込んでいたのでしょう。

子供は、いつもと違う状況になると不安を感じるのですよね。

子供の不安は払拭してあげる事が大切です。

それが抱きしめてあげる事でも。

今回の場合は、どちらかと言えば私が不安を払拭する為に抱きしめたのかもしれませんけど(笑)

体験談のような事をラジオで話していたのを聞いて、30年近く前の事件?を思い出しました。

懐かしい~。

あの時、上から重圧がかかってきた瞬間はホント怖かった・・・

思い込みの行動が笑いになった

かなり前の事だが娘からラインが入った。

雨が少し降っていたようなので、傘を持ってマンションを出たとの事。

玄関で腕に傘をかけ部屋を出た。

マンションの玄関を出た所で傘をさそうと思い腕を見てビックリ!!

腕にかけていたものは何と

んっ!?

これなんです!

靴ベラです(笑)

玄関に、靴ベラ・傘と横並びに掛けてあったそうですが大丈夫か?娘!!

腕に掛けた時に気が付かなかったのか?

いくら何でも重さが違うだろう。

でも人間、思い込みで行動すると、こんなものなのかもしれない。

これは、ただただ笑える事だが場合によっては一大事になる事だってある。

どんな事でも思い込みで行動すると痛い目にあう。

場合によっては恥ずかしい目にもあう。

このまま道を歩いて行ったら、ちょっとした有名人になったかもしれないな(笑)

しかし、この出来事を父親に知らせてくるとは・・・(笑)(笑)(笑)

焦らず確認!

ある店舗のトイレに行った時の事です。

入り口は自動ドアになっており、ドアの上に

トイレ 男・女と表示されていた。

それを見ながら入ると、中に又案内表示があったので確認すると

←女 男→になっているのです。

入り口の自動ドア上の表示と、中の表示が左右逆なんです。

私はこの時、気持ちに余裕のある状態だったので確認をして入れましたが

最初の表示をだけ見て入って行くと事件ですよね~。

人は焦ると確認が疎かになります。

私も焦って入っていたら、どうなっていた事か・・・(笑)

むか~しであれば「すいません間違えました」で済んだのかも?しれませんが
今は「キャ~痴漢!!」となり通報される確率が高いのではないでしょうか。

確認は大事ですよ~

しかし、この表示

何とかならないですかね・・・

ペンギン?いや2ブロックです!

久しぶりに帰って来た美容師の娘に自宅で髪をカットしてもらった。

私は短い髪が好みなので「後ろと横は刈り上げてくれ!」と言いカット開始。

その後、程なくして終了。

私のイメ-ジよりは長めだったが、娘が「この位が丁度良い」というので納得する事にした。

頭についているカットした髪の毛を落とす為にシャワ-で洗髪、そして乾燥させてドライヤ-でセットしてみた。

そうすると横の髪がペンギンの頭のように跳ねるんです。
白髪なので丁度ペンギンの頭のように見えたんですよね~ちょっと大袈裟に言いました(笑)

雑に乾燥させたのでこんな感じに・・・

娘に

「横がペンギンになるけど」

と言うと

「どれ~どこが?」

「これの事?これは2ブロックにしたんです! 白髪だからちょっと髪が起き上がるのかな?お父さん、整髪料つけてセットするから大丈夫!その予定のカットです」との事。

確かにセットするときちんとなった。

「ほ~これが2ブロックというものか~と」い思いながら、しばらく鏡を覗いていました。

以前、若い人の髪型で耳の周りが少し薄い人が居たのだが2ブロックというものだったんだ。

世間では『2ブロック禁止』の校則で少し前に騒がれていましたね。

私はペンギン頭(自称)になって一人で騒いでいましたけどね。

余談ですが、私の学生時代は耳に髪がかかったら校則違反でした。

そして違反すると坊主頭にされたものです。

今ではあり得ない事。

とんでもない校則ですよね~。

それはそうと、2ブロック問題はその後どうなったのでしょう。

『事件に遭う事を防ぐ』事が禁止理由だったと思うのですが

禁止にするのであれば、校則違反の定義を明確に示す必要があるのではないでしょうか。

私の学生時代とは違うのですよ今は・・・。

夢 叶えた娘

私の娘、美容師なんです。

幼稚園の時に何のきっかけかは忘れましたが

「大人になったら美容師になる!」

と言い出したのです。

それから小学・中学と成長し、高校は別にどこでも良かったらしく自宅からほど近い高校に進学しました。

娘曰く、「理美容専門学校に行くんだから高校はどこでも良い!」という考えだったらしい。

高校を卒業した娘は理美容専門学校へ進み美容師になった。

あれからもう9年経過して一人前のスタイリスト(そう呼ぶらしい)だ。

私は、幼稚園の頃からの夢を叶えた娘に感心している。

国家資格を取得して就職すると、始めは毎日練習で遅い日が続いていると聞いていたので、もしかしたら堪え切れず辞めて帰ってくるのではと心配していたのですが、私の心配をよそに毎日楽しんで仕事をしていたようです。

自分の子供ながら娘に教えられたような気がします。

自分が本当に好きでやりたい仕事は、どんなに苦労をしてもやり遂げられる。いや苦労に見える事が苦労だと感じない。

どんなきっかけであろうと娘は子供の頃から将来に夢を持ち、実現した。

私はどうだったろうか?

取り敢えず就職をしないといけないと思い就職をした。

子供の頃は、いくつか夢があったような気がするが結局は何一つ叶えていない。

強く思ったものが無かったのかも知れないが、努力もしていない。

よくこんな父親からこんな娘が育ったものだ(笑)