「今回は大目に見る」は本人の為になる?

部下にミス・失態があった場合に「今回は大目にみてやる」なんて事があると思います。

上司としては寛大な処置で本人の為になる事もありますが、甘やかす事にもなりかねませんので注意が必要です。

周囲には器の大きさを感じさせ上司としての株を上げたなんて思っていると、場合によっては後悔する事になるかもしれません。

ある会社の話しです。

内勤営業 A君 22歳 会社の就業時間 8時~17時

A君はほぼ毎日、7時55分位に出社してきます。

出勤時間は8時ですので問題はないのですが

ちょっと何かあると遅刻してしまうと誰もが予想ができる事です。

その日は必然的にすぐにやってきました。

出社してきたのは8時02分。

その会社にはタイムカ-ドはなく記録に残るものはありませんが遅刻は事実です。

A君は照れ笑いをしながら

「すいません寝坊しちゃいました」

と入って来ました。

周りの社員は「やったか~」という感じです。

その時とった上司の対応は

「普段仕事を頑張っているから、今回は大目にみてやる」

と言ったのです。

内勤営業の彼の仕事ぶりは、なかなか優秀だったようですが、この処置が失敗でした。

A君はこの後も、月に1~2回は同じように遅刻です。

大目に見てあげた事が結果、本人の為にならない事があります。

教育・指導というのは非常に難しいものがあります。

仕事に対する姿勢・考え方を教えておく、理解をしてもらう(させる)事が必要です。

50代前後の上司と20代では考え方に違いがあるのは当然です。

しかし仕事をする上では社会人として最低限のル-ル・仕事をする上でのル-ルがあります。この事をきちんと説明して理解してもらう必要があります。

例えば先程の遅刻ですが、A君の気持ちの中では「8時02分 たかが02分」と思っているかもしれません。

でも遅刻なのです。

「たかが2分位」私もそう思います。

しかし、2分を許すと3分はどうなるでしょう?どこでジャッチをすれば良いでしょうか?それはル-ル通りの時間です。という事を教えてあげなくてはならないんですよね。

「そんな事当たり前だ」「見て覚えろ」「常識で考えろ」なんて言っては駄目ですよ。

「俺の後ろ姿を見て仕事を覚えろ」なんて事を

昔々(笑)は言っていましたし、私もそのように仕事を覚えた世代の一人です。

しかし、今は通用しません。

私も含めてですが、昔々は教える事が下手だったのかな?と思いますね。

今の時代、仕事のできる上司とは

管理は当然ですが、

・部下に理解しやすく仕事を教えられる人
・誰が見てもわかるマニュアルを作成できる人
・この人が居ないとこの仕事はできない を作らない人

ではないでしょうか。

このA君には出勤時間に少し余裕を持つという事も含めて沢山の事を、きちんと教えなくてはなりませんね、理解しやすく・・・(笑)

子供だって気を使う

小さな子供に

「パパとママ 或いは お父さんとお母さん どっちが好き?」

と聞く事ありますよね。

これね~

子供なりに結構気を使うんです。

私も子供の時に聞かれたんです。

当時の私は、父親は直ぐに怒るので嫌いだったのですが気を使って

「両方好き」

と答えたのを憶えています。

子供ながらに「他人に自分の親を嫌いだとは言えないし、嫌いだと言ったら親が可哀そう」

と思ったような気がします。

子供の頃の自分の事ですが健気なものです。

そんな私も親になり、二人の子供(息子・娘)が同じように

「お父さんとお母さん どっちが好き?」

って聞かれた事がありました(もう20数年程前ですが)

二人の子供は、ちょっと俯き加減で

「両方好き」

って言ってました。

ちょっと嬉しかったですね。

しかし子供達の本音は「お母さん」だったはずなんです。

気を使ってくれたんです(笑)

「お母さん」って言ったらお父さんが可哀そうだと思ったのでしょうね(笑)

子供は子供なりに結構気を使うんですよ。

でもこれって親も聞いてしまう事があるんですよね~

どう答えてくれるかが楽しみで。

どちらかと言うと微笑ましい光景ですね。

しかし、いたずらに子供の心を悩ませるのは少し可哀そうかもしれませんね・・・

浮かれ気分の時ほど 平常心(笑)

緊急事態宣言が解除され、営業自粛をしていた様々な業種が少しずつ営業を再開しています。一日も早く通常に戻る事を祈るばかりです。

パチンコ好きの上司の事を思いだしました。

ある日曜日の出来事です。

その日は開店からパチンコ店に行ったらしいのですが、調子が良く沢山出たらしいのです。

そこで景品に交換しようとカウンターへ行くと、前から欲しかった自転車が並んでいたので「これだ!!」と即決。

その自転車に乗って喜び勇んで家に帰り、奥さんに自慢気に話しをして自転車を見せたのです。

しかし奥さんの反応はというと、怪訝そうな顔でその上司を見つめるばかり。

上司は朝からパチンコ店に行った事を怒っているのかと思い

「どうかしたか~?」

と恐る恐る聞いてみた。

すると

「あんた行くとき車で行ったんじゃないの?車はどうしたの?」

そうなんです、その上司は自転車を手に入れて気持ちが浮かれてしまい自分が車でパチンコ店に行った事をすっかり忘れていたのです。

正直この話しを聞いた時は、この人「ボケている」のかな?って思いましたが、「嬉しさのあまり」・・・って事ですね。

実際に嬉しさのあまりに平常心でいられなくなる事はありますので、こういう時程気を付けなくてはならないのかもしれませんね。

その上司はその後、歩いてパチンコ店に車をとりに行ったのは言うまでもありません・・・(笑)

たったこれだけの事を実行するだけで事故は減る

過失事故が発生した時に良く聞く話しです。

①交差点侵入少し前で信号機が黄色に変わった。
 前に車がいたがそのまま行くだろうと思い込み自分も侵入しようとしたら、
 に停止したので追突した。

②走行中、左側に横断歩道の無い場所から道路を横断しようとしている人を確認
 したが、まさか出てこないだろと思って走行しているとに飛び出してきて接
 触した。

③信号機のある交差点で前車に続き左折をしようとしたら、前車が横断歩道手前
 でに一時停止した為追突した。

④信号機のある交差点で、自分は直進で交差点に進入しようとした所、前方から
 右折車が来たが、直進者が優先なのでそのまま直進すると前方の車が右折して
 きた為衝突した。

これはほんの一例なんですが、以上の事故には共通する事があるのです。

①そのまま行くだろうと思った
②まさか出てこないだろうと思った
③止まらないだろう そのまま行くだろうと思った
④曲がってこないだろうと思った

これ全部「だろう」運転なんです。

「そんな事言ったて~」というかもしれませんが、以上の事故は前方不注意と言われるケ-スなんです。
所謂、過失が発生する可能性大なんです。

「道路交通法では自分が優先だ!間違ってない!」

「そんな所渡ってくる方が悪い!!」

といっても、事故が起きてしまえば誰も良い思いをする人はいません。

重大事故に繋がれば自分の人生が変わってしまうかもしれません。

自分が安全運転をしていても事故に遭う事はあります。

自分が交通法規を守っていても事故に遭うのです。

そうなるとどうすれば良いか。

交通法規を守る事は絶対ですが、プラス「かもしれない運転」の励行です。

そうなると

①信号が黄色に変わったので前車は「止まるかもしれない
②様子を伺っているから「出てくるかもしれない
③左折で横断歩道があるから歩行者がいて「止まるかもしれない
 ※現在大手運送会社等のトラック又はバスは、右左折する時は歩行者の有無に
  関係なく一時停止します。(後続車は注意して下さいね)
④向こうは右折だけど強引に「曲がってくるかもしれない

こういった予測の運転に変わるので「脳」が「体」が、その為の準備をするのです。

この「かもしれない」をするだけで事故は減ります。

車を運転する時は気持ちに余裕をもって「かもしれない」という予測運転をする事が事故を減らす事に繋がります。

「幸せを運ぶ車」に乗って「不幸」な事にならないように気を付けましょう!!


 
 

妻の料理

妻は時々私に

「私、料理上手くないし自信ないからね~」

と言います。

その度に私は

「俺はお前(わ~偉そう(笑))の料理を美味しいと思って食べている。俺がそう思っているんだから良いんじゃないの?駄目か?」

「それに俺が美味しいと思うものは、他の人も美味しいと言うぞ!」

と言います。

私は別に料理に自信なんてなくても良いと思っています。

妻は料理ができない訳でもないですし、しない訳でもありません。

結婚して32年が経過しましたが新婚時代から今迄の間に、料理のレパ-トリ-は年々増えております。

例えば「あれと、あれと、う~ん」嘘です、ちゃんと言えます(笑)

料理に苦手意識を持っている妻がそんな努力をしていたのを知っています。

家族の為に料理を作るって大変ですよね。

子供が小さいうちは無我夢中で、子育て・家事をしながら時々私の面倒(笑)をみてもらいました。
感謝しています。

自分一人でいたら、「今日は疲れたから納豆と御飯で良いや~」と思っても、そうはいかずメニュ-を考える。

でも納豆と御飯で良いんです。

そんな日があっても良いんです。

家庭は会社ではないんです。

頑張れる日と頑張れない日があります。

程よい手抜きが必要です(手抜きとは言葉が悪いかもしれませんが)

たまには私が腕を振舞いますよ~

あっ!!後片付けもですね~(笑)

朝の一コマ

朝、出勤前に息子がシャワ-を浴びております。

我が家の猫は扉ギリギリの所で待機です。

私が呼ぶと振り向きますが、そこから動こうとはしません。

表情から察すると、「な~に?今、俺(雄猫です)の気持ちは扉の向こうだから」とでも言いたそうです。

「お~い!毎日ご飯をあげているのは、この私なんですけど」

と言ったところで、お前の優先順位は息子。

扉の前で何を考えているのかね~。

息子の朝は忙しいので、猫にかまう事なく出勤して行きました。

行ってしまった・・・

それなのに玄関までお見送りに行って帰ってきました。

息子が出勤した後の寂しそうな顔。

健気なやつです・・・

私は電車の中で首筋を痛めました

テレビで電車に乗っているシ-ンを見て思い出しました。

今から25年程前に東京に出張した時の事です。

通勤ラッシュの時間帯に山の手線に乗車しました。

東京への出張なんて、そうそうある訳ではない私は改札口前の路線図を入念に確認をしてから切符を購入し、改札を抜けてホ-ム前列に立って電車を待っていました。

電車が到着して扉が開き下車する人波が途切れた瞬間に後ろから押され、私の意思とは関係なく体は車内の奥へ奥へと進んでいきました。

そこまでは良かったのですが、行きついた所は白のブラウスを着た若い女性の前。

その女性とは向かいあった形になり、後ろから人に押されながら進んで行った私はその女性に密着する状況になってしまった。

その女性はビールの高い靴を履いていたと思うのですが、172cmの私の顔の前に女性の顔があるような状態でした。

私は「これはまずい状況だ!」と思い、身動きするのが困難な状態で身体ひねって向きを変えようとしても変えられない。

仕方なく顔を必死に背けて、体も触れないように最大限努力しました。

おかげで首筋が痛くなり大変でした(笑)

かなり首に力を入れていたんでしょうね、しばら~く首筋が痛かった記憶があります。

状況的には仕方がなかったのですが、顔を密着させる訳にはいきませんからね。

でもその女性は下車する時に

「ありがとうございます」

って言って行って去っていったのです。

気が付いてくれていたんですね~

私の努力はこの一言で報われました(笑)

今の時代、「この人痴漢です!!」なんて言われて冤罪で逮捕!という事もあるようなので気を付けなくてはなりません。

私は痴漢なんてできる態勢ではありませんアピ-ルは必要なのかも?しれませんね。

こんな状況だから仕方がない!と思わずに、相手が女性であった場合はできるだけ配慮はしたいものですね。

目の前の人が男だったら!?

そりゃあ仕方がない

お互い様なので一緒に揉みクシャになりながらいくしかないですね(笑)

ステキな金縛り!?

横に寝ていると何故だかわかるんです。

妻が金縛りにあうな~って。

「あれ?何か変だな」と思い目が覚めるんです。

そうすると

「う~」

って妻が唸りだすんです。

私は唸りだすと同時に妻の背中をさすったり、抱きしめたりします。

そういう時には「声をかけない方が良い」と誰かに聞いた事があるので声はかけずにそうしています。

「ウ~」の後は、まるで泣いているような声に変わるのですが、まるでオカルト映画のワンシ-ンのような感じです。

ちょっと「ゾクッ」とします。

そんな事をしているうちに収まります。

朝になって妻に聞くと、良くわからない気持ちの悪い夢を見ていて私に助けを求めようと声を出そうとするがうまく出ない。

という状態のようです。

結果、唸るように声が出ているようです。

私は金縛りの経験は一度もないので気持ちは解らないのですが、本人は辛い思いをしているようなので、そうなった時は不安にならないようにと思っての私の行動は果たして正解なのかは解りません。

金縛りの原因は「睡眠麻痺」と言われる「睡眠障害」という事なので少しでも良質の睡眠がとれる環境にしないといけないですね。

身体の疲れもあるでしょうからケアしてあげないといけないと思っているのですが、なかなかできてませんね。

時々肩を揉むのと、背中と足のマッサ-ジをしているくらいです。

あくまでも時々です(笑)

継続しないと駄目だよな~と思っているんですけどね~。

思うだけなら猿でもできるので実行に移せるように頑張ります(笑)

まあでも、妻を抱きしめる事ができるから「ステキな金縛り」ですかね。

こんな時くらいしか抱きしめる事はないですからね(笑)(笑)(笑)

「ドンマイ」と「ナイストライ」

ある記事を見ていたら

野球でエラ-をすると日本では

「ドンマイ」

と声を掛けます。

これはスポ-ツの応援などで、「気にするな」「大丈夫だ」という意味が含まれている。

要するに、「失敗」したけれど気にするなという事になります。

これがメジャ-だと

「nice try ナイストライ」

「もうちょっとだね」「惜しいね」という意味だという事です。

これには、「努力」に対しての労いが込められています。

両方共にフォロ-をしているには違いありませんが

「ドンマイ」は慰めに聞こえ優しい言葉であるのに比べ

「ナイストライ」は「もう少しで達成できたね」と、モチベ-ションを上げる響きがあると思います。

成長を促すには適切な表現ではないかと思います。

この言葉を上手に使いこなす事が仕事では大切ですよね。

今は、注意の仕方一つで「パワハラ」と言われる時代です。

言動には充分に注意しなくてはいけません。

上司の仕事には管理業務がついてまわりますが、一番は部下を育てる事。

部下が育てば必然的に業績も上がる。

そうなると上司の仕事も軽減され、管理業務等のやるべき仕事を遂行する事ができるのです。

但し、なかなか難しいのが現実。

本来ならばストレ-トに注意をしなくてはならない事も、フォロ-をしながら指導をしなくてはならないなんて事もあります。

「ドンマイ」「ナイスチャレンジ」

を上手く使いながら育てていきたいですね。

大変ですよね、でも仕方がないんです。

但し、色々なタイプの人がいますので全ての人に通用する訳ではありませんし、場合によっては勘違いをして良くない方向にいってしまう人もいますので要注意。

私達夫婦は「ドンマイ」とお互いに言いながらここまで来たのかもしれません(笑)

探しものは何ですか 見つけにくいものですか?

出勤後、忘れ物に気づき妻に探して欲しいと連絡。

なぐり書きのようなメモがあるからとお願いをした。

その日の私の机の上はメモだらけでしたので、探しだせるか不安だったのですが、まさに的中。

一度連絡があり

「ない」

その後ラインで、それらしいと思ったものを写真で送信してくれるも違う。

因みにその写真は、PC入力してある活字。

妻は一生懸命に探し「もしかしたらこれかな?」と思い送信してくれたに違いない。

以前の私なら

「違うって、手書きだよ」

なんて言っていたかもしれない。

しかし、原因はメモを忘れた私なんです。

それを妻に探して欲しいとお願いしている立場なんです。

身勝手な発言をできる立場ではありません。

「逆切れ」なんて言葉がありますが、これって大抵の場合は失礼な事が多いですよね。

いつからでしょうこれ。

以前の私は、妻だからと甘えていたのでしょうね。

甘えるのであれば、思いやる気持ちがないと駄目だなと思う今日この頃です。

それだけ今迄駄目な夫だったという事でしょうね(笑)

訳もわからず必死に探してくれた妻に感謝します。

ありがとう。

メモは、妻がちゃんと探してくれました。