三つの騒ぎ

昔の事になりますが単身赴任をする事になりグル-プ企業の寮に入る事になりました。

部屋は備え付けのクロ-ゼットがある六畳一間です。

寮母さんがいるので食事は事前に頼んでおけば作ってくれます。

その他、大浴場があり24時間入浴可。

洗濯機・乾燥機が設置されていて無料で使えます。

こんな感じなので結構快適な生活でした。

そんなある日、別部署のAさんが私のところへわざわざやって来て

「寮に入ったんですってね どうですか?」

と聞いてきた。

「快適ですよ」

と答えると

「そうですか それなら良かった。何か変わった事はないですか?」

とちょっと不適な笑みを浮かべながら聞いてきた。

「変わった事?」

と私は言いながらAさんを見ると何か嫌な感じだ。

「何かあるんですか?」

と聞くと

「まあ いずれはわかる事だろうから教えておきますね。あの寮で10年程前に亡くなった人が居るんですよ。その人が出る!って話しで、お祓いまでした事があるんです。」

話しを聞いていると、どうやら訳ありの亡くなり方のようだ。

私は「いやいや何だよこれ、入寮前に説明すれよ~」と思いながらも

「そうなんですか 毎日快適に生活してますよ」

と言ってやった。

Aさんの眼と口調は「可哀そうな奴」って感じだったので少し腹が立った。

それと同じく何の説明もなかった会社にも腹が立った。

この話しを私と同じ部署の少し先輩社員のKさんに聞くと

「知らないの!?有名な話だよ!!」

と、これ又腹が立つ言い方をしてきた。

『知らんわそんな事、俺は単身でここに異動になってきたの!!』

と喉まで出かかったが我慢して

「へ~有名なんですか~ 私の以前の勤務地までは聞こえてこなかったですね~」

と言うと

「そりゃそうだよこの地区の事だからね」

と言ってきたので

「そうでしょう この地区だけの有名な話は異動してきたばかりの私は知らないんですよ~」

と返すと

「そうだよね」

とぼそっと言っていた(笑)

ここには20人程が入寮しており、私は7年近く生活をしてきましたが何回か騒ぎがありました。

<騒ぎ その一>
『足元に人が 事件』
深夜に
「おい 起きろ!!」 
と大きな声が聞こえてくる。
部屋から出ると、酒を飲み過ぎた隣の部屋のおじさんが廊下で寝ていた。
他の部屋の人がトイレに行こうとした時に、このおじさんに躓いたらしい。
このおじさんは飲み過ぎると廊下・玄関に寝ている事があるそうだ。
室内で寝ているのは良い方で夏には寮の駐車場に寝ていた事もあったという事だ。

<騒ぎ その二>
『女性の悲鳴 事件』
深夜1時過ぎに若い女性の悲鳴が聞こえた。
びっくりして部屋を飛び出した。
女性の悲鳴だ何故寮内?寮母さんは60歳を過ぎている筈。あの声は寮母さんではない(笑)
と考えていると大浴場の方から声がする。
行ってみると悲鳴の主であろう若い女性とその横に、この寮に住んでいる若い男が立っていた。
どうやら女人禁制の寮に彼女を連れ込んで、深夜で誰も来ないだろうと二人で入浴していたらしい。
そこへ廊下で寝る常習犯のおじさんが酔っ払って入っていったらしい。
おじさんビックリ!!
しかし、このおじさんは何も悪くない。何時に入っても良い風呂だ。
悪いのは女人禁制の寮に彼女を連れ込んだ若い男なのだ。
よくやるよ。
この後一応寮長と名の付くグル-プ企業の50歳代の社員に、しこたま怒られたらしい。

<騒ぎ その三>
『お香 事件』
私の息子と彼女から誕生日プレゼントとして何故かお香をもらった。
一人でストレスを溜めずにリラックスして下さい というものだった。
私としてはプレゼントが何であろうと嬉しかったのですが、お香は意外でした。
早速焚いてみると、これが良い香りなんです。
すっかり気に入ってしまい、それから毎晩お香を焚いてました。
そんなある朝、仲が良くなった人と食堂で朝食を食べていると
「寮母さんが、最近線香の匂いがするのよ~と険しい顔をしてるのよ」
と言ってきたので
「あっ それ俺!寮母さんに言っておくわ!」
と説明して一件落着。

こんな冒頭とは無縁な騒ぎがありました(笑)

因みにですが
私が住んでいた7年間で一度だけですが、深夜に何となく目が覚めたのです。

目が覚めてから少しして、クロ-ゼットの掛けてあったバスタオルが「バサ~」っと音をたてて落ちました。

一瞬固まりました。

洗濯をしてハンガ-に掛けたのですが、掛け方が悪かったのでしょう・・・(笑)

注意喚起

思わず写真を撮ったのですが、あまり良く獲れていませんね。

解説します。

危険!!動きだしたバスに 

近づかないで下さい

と書いてありました。

こんなの

あたり前田のクラッカ-

ですよね。

あっ失礼致しました。

昭和のオジサンのダジャレでした(;^_^A

仕切りなします。

こんな事当たり前ですよね。

動いている車、特に大型車輛に近づいたら危険に決まってます。

それなのに、こんな注意喚起の文字がバスに書いてある。

近づく人が居るって事ですよね。

昔、動いているある飛脚のふんどしに触ると・・・良い事が・・・

なんて事を聞いたことがありますが

ないですよ!そんな事。

偶然はあるかも知れませんがね。

動いている車に近づく事は非常に危険です。

車は一歩間違えると走る凶器と化します。

自ら危険を招く事は絶対にやめましょうよ・・・。

チョロQは忙しい

NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE~

というラジオ(FM)番組

というかラジオドラマが日曜日 17:00~17:55に放送されている。

毎週聴いている訳ではないのですが、この番組のリスナ-になって10年は経つような気がする。

昨日の放送(ドラマ)で

「仕事(企画)は鮮度とスピ-ドだ」

と言っていた。

これを聴きながら

「あ~駄目だな俺は~ ブログを書こうと思った時、直ぐに書かずに暫く経ってから書いたりしているな~」

まあ仕事ではないからな~。

と思いながら車を運転していた。

という事で少し遡って9月23日(木)と9月25日(土)の事です。

23日(木)に苫小牧西港フェリ-タ-ミナルへ行ってきました。

何をしに行ったかというと単に海と船を見に行ったのです。

午後から行ったのですが、到着後直ぐに展望デッキへ行き外を眺めていました。

少しすると妻が

「チョロQ走っているね~」

と言いながら笑っています。

と言うのも、20数年前の事になりますが子供達が小学生の頃に私の母親の実家である岩手県へ行く為にフェリ-ターミナルへ来た時の事です。

子供達がフェリ-ターミナルの建物内から外を楽しそうに眺めていると

「あっ!チョロQ走ってる!!」

と喜んでいた時の事を思い出しながら妻は言ったのです。

チョロQと言っていたのは、トレ-ラ-(トラクタ-)ヘッドの事なんです。

                  チョロQです(笑)

トレ-ラ-ヘッドはシャ-シを連結させて走行する為のものですが、フェリ-ターミナル構内では連結させたシャ-シを船内で切り離す、又はその逆で船内で連結させたシャ-シを船外の置き場に切り離すという作業をしているのです。

             シャ-シが並んでいます

そうすると、シャ-シを連結していない時はヘッド(業界では頭とも呼びます)だけで走行しているので子供達にはチョロQのよう見えたようです。

因みにこの作業は 連結→走行→切り離し→走行 の繰り返しで忙しいですし危険も伴いますのでドライバ-は神経を使います。

そんな大変な仕事をしているトレ-ラ-ヘッドをチョロQと呼ぶことは大変失礼な事かも知れませんがお許し下さい。

親しみを込めてということで・・・。

その後暫く眺めていると 「んっ!?」

自転車に乗って来た人がいる。

           バイクの中に自転車が・・・

珍しいことではないよな

でもあの自転車、沢山の荷物がくくりつけてある。

重そうだな~。

ノーマルな自転車に見えるけれど、何処から来たのかな?

               乗船するようです 

見ていると、なんか癒されるな~ 気を付けて行って下さいね。

とまあこんあ感じで眺めていたのですが、出港までは2時間以上ある。

妻が

「夜に出港するフェリ-が観たいな~」

と呟いている。

今日はこれ以上の滞在は難しい。

「土曜日の夜来るか?」

と聞くと

「良いの?」

とまるで子供のような笑顔だったので土曜日に再び訪れる事にした。

25日(土)20時30分過ぎに到着。

    シルバ-プリンセス停泊中 21:15出港です

人・車両共に乗船はほぼ終わっていた。

私達は、まるで誰かの見送りにでも来たかのように乗船口通路を歩き八戸行きの乗船口付近で21時15分出港の船を見送った。

         シルバ-プリンセスを見送る二人
                     出港

こんなのも良いもんです・・・。

消えた おしぼり

2021年9月18日の今日は

日清カップヌードルが発売されて50年目という事だ。

そんな事を思いながらコンビニへ入ったものだから、カップヌードルを買ってしまった。

この事を知ったのは、黒木 瞳さんがパーソナリティ-をされている「ENEOSプレゼント あさナビ」というラジオ番組で今週は日清食品の社長が出演されていた。

この番組で、9月18日で発売されてから50年を迎えると何度も言っていたからだ。

発売されたのは

1971年(昭和46年9月18日)

私が小学2年生の時だ。

懐かしい。

私の記憶だと、当時私の街には今のように24時間営業のコンビニエンスストアなどはなく

〇〇商店と農協ストア(Aコープ)しかなかった。

当然24時間営業ではなく19時か20時になると店は閉まってしまう。

そんな時代に発売されたカップヌードルだが、当時としては画期的な販売方法をとっていたと思う。

カップヌードルの自動販売機を商店の横に設置したのだ。

今は珍しくもない事だが当時としては斬新だったのではないだろうか。

更に私が懐かしく思うのは

この自動販売機、四角い郵便ポストのような形なのだが(色は違いますよ)

自動販売機前面の下には小窓があり、プラスチック製のフォークが入っていた。

それも自由に取れる・何本でも取れる。

そんなものだからフォークは直ぐになくなっていた。

こんな事を想いうかべながら商品を手に取りレジへ向かいコーヒ-も買った。

店員さんがレジ袋の有無を聞いてきたのでお断りをすると

「かしこまりました」

と言った後、おしぼりをつけてくれた。

店を出た私は車に乗り込み、コーヒ-を飲んで少し寛いでいた。

暫くして

「おしぼり貰ったよな~」

と車内を見回した。

しかし無い。

そんな筈はないと思い、シ-トの下を探すが無い。

一度は諦めるも、車の中に置いたのだから絶対に何処かにあると思い再度探す。

しかし何処にも無い。

『狐につままれた気分』とは、まさにこういう事だよな。

と諦めて車を走らせ会社へ向かった。

会社に到着してポケットに手を入れると

「あれ!?」

どうやら『狐につままれた気分』なのは、おしぼりのほうだったようだ。

                  あった!!

「アンタさっきさ~ レジ袋断ってコ-ヒ-とカップヌ-ドルを両手に持つ時に落とすかも知れないと思って、ポケットに入れたじゃん!ポケットの中でいつ思い出してくれるのかな~って ズ-ッと待ってたわ!!」

手に取った おしぼりからこう言われたような気がした・・・(笑)

ぬり絵注意報

昨日の朝、テレビで天気予報を観ていた時の事。

二世帯で住んでいる母親が一緒にテレビを観ていたのですが

母親が

「今週の気温はあまり上がらず最低気温は12℃なんだ~」

「ぬり絵 に注意して下さいだって!」

と言っている。

洗面所にいた私は「何の事だ?」と思いながら顔を洗っていると

妻が笑いながら

「お母さん 寝冷え だよ」

と言っている。

「アハハ!そうか~ 寒くなってきたから ぬり絵をするのも大変なんだ~と思ってさ ぬり絵をするような子供が居ないから関係ないな~と思っていたんだよね~」

と母親は照れ笑いをしながら言っている。

私は顔を洗いながら吹き出してしまった。

歯磨きをしていなくて良かった。

ぬり絵をするような子供は居ないまで考える事ができたのに

寒いと、ぬり絵をする事が大変だという事は疑問を覚えなかったようだ。

「え」 しか合ってないけど。

「こんな楽しい気分で出勤するのも良いか」と思った朝だった(笑)

決断

仕事中にラ-メン屋の前を通ったら

「あ~ラーメン食いたいな~」

と車の中で一人呟いていた。

そんな事を思っていたら自分が中学生の頃を思い出した。

もうかなり昔の事で40年と少し前になる。

何故か最近、昔の事を思い出す。

ある晴天の日曜日。

「旨いラーメンが食べたい!」

今も昔も同じ事を思っている(笑)

私は田舎町に住んでいて、定食屋が2軒程あったがラーメンが旨いとは聞いた事がなかった。

もっとも旨いと言われるラーメン屋は今のように多くはなかった。

そんな時代だったが「札幌へ行けば旨いラーメン屋がある!」と信じていた私は自転車で札幌へ行く事を決断した。

朝刊の新聞配達をしていた私は親に頼まなくてもお金は持っていた。

今は何かあれば妻に「〇〇買うからお金頂戴」と頼まなくてはいけない。

頼むと「いくら?」と当たりですが聞かれる。

当時はそんな事をしなくても良かった。

今よりも自由になるお金を持っていた(笑)

決して今に不満を持っている訳ではない。

話しのネタです(笑)

話しは戻るが直ぐに準備にとりかかった。

何故か鮮明に覚えているのだが

現金は3,000円 プ-マのジャ-ジ上下を着て野球帽を被りタオルを一枚を首にかけて颯爽とスタ-トした?多分。

6月頃だったような記憶がある。

自転車の仕様は松山千春さんの『MY自転車』の歌詞にもある5段変速。

当時はこれが最新式の自転車だった。

今は10段?20段? 一杯変速がついているようですが・・・

これに乗り約30kmの道程を自転車を漕いで札幌へ向かったのですが、何処のラーメン屋へ行くかを決めて出発した訳ではないので、いざ札幌の街中に入ると、どの店にしようか迷ってしまった。

そんな中、あるラーメン屋の前を通ると感じの良さそうな店主と思われる男性を見た。

「よし!ここにしよう」と決め、自転車を停めて店に入った。

店に入ると「いらっしゃ!」と私の直感通りの声。

感じが良かった。

中学生だった私の緊張をほぐしてくれた。

その後、直ぐに味噌ラーメンを注文した。

少し経ってラーメンが運ばれてきた。

ス-プを啜り麺を食べた。

旨い!!やっぱり札幌のラーメンは違う!来て良かった!と思った。

多分だが自転車で一人札幌のラーメン屋へ行き、自分のお金で食べたという事が旨さを引き立てたのだろうと思う。

でも旨かった。

これだけの記憶があるにもかかわらず店の名前は全く憶えていない・・・。

贅沢な一人旅

バス停前に小学生と思われる少年が立っていた。

何となく気になったので少し眺めていると斜めがけのショルダ-バックからスマ-トフォンを取り出して話し出した。

大きな声で話し出した少年の声を聞いているとお母さんのようだ

「お母さん 今からバスに乗るからバス停に迎えにきて」

と言って電話を切った。

初めての一人旅なのだろうか?

不安もあるが、きっと楽しいのだろうなと思う反面

無事に帰りなさいよと呟いてしまった。

そんな少年を眺めながら思い出した事があった。

私は小学4年生頃に鼻の調子が悪くなり耳鼻科へ通院しなくてはならなくなった。

バスで30分程のところに評判の良い耳鼻科があったのでそこへ行くことにした。

母親と耳鼻科で診てもらうと暫くは週一回通院するようにと医師の指示があった。

母親は仕事をしていたのだが週一回仕事を休む事が難しかった。

そこで私に言ってきた

「一人で病院へ行ける?」

バスや鉄道に乗る事が好きだった私は即座に

「うん 大丈夫 行ける!」

と返事をした。

嬉しかった。

次の週から私の楽しい一人旅が始まった。

バス代がいくらだったかは憶えていないが、母親はバス代の他に小遣いとして500円をくれた。

このお金は好きに使って良いと言われていたので、バスの一人旅+500円で嬉しさは倍増していた。

当時のバスは車掌さんからワンマンになったばかりの頃だった。

まずバスに乗る時に整理券を取る事が楽しかった。

座席に座るとバスが走り出す。

バスに乗る度に同じ景色の筈なのに何故か見ているだけで楽しい。

こんな楽しい気分でバスに乗っていると目的地が近づいてくる。

私は終点で降りるのだが

「次は終点〇〇〇です」

とアナウンスがあると『次降ります』のボタンを一早く押す。

これが又楽しい。

終点だから押さなくても良いのだが押さずにはいられなかった。

こんな感じで病院へ行き、診察・鼻の吸入をして終了。

後は帰るだけなのだが、この後私には最大のお楽しみがあった。

病院が終わってからバスの時間までは1時間位あったのだが、その時間を利用して食堂に行くのだ。

店の名前は『みどりや食堂』

この食堂へ行き、ラーメンかカレ-ライスを食べる。

時には、ラーメンとカレ-ライスの両方を食べる事もあった。

記憶では

ラーメン(醤油)・・・250円位

カレ-ライス・・・200円位

だったような気がする。

いずれにしても500円あれば両方食べられた。

これが最高に旨かった。

最初に母親と病院へ行った時に、この店に入りラーメンを食べた。

食べながら母親に500円の小遣いでこの店に来ても良いか確認した。

母親は

「好きなように使って良いと言ったからね 良いよ」

と笑いながら言った。

その後店の人に

「この子が一人で食べにくると思いますから宜しくお願いします。お金は持たせますから。」

というような事を言ったような気がする。

当時の私にとっては外食は最高の贅沢だった。

それも一人での外食だ。

何回か通ううちに店の人が私の事を常連扱いしてくれて

「今日はラーメン?カレ-ライス?」

なんて直ぐに聞いてくれるようになった。

そして、どちらを頼んでも大盛にしてくれた。

値段はそのままで。

この後バスに乗って帰宅するのですが、晩御飯は普通に食べてました。

運動好きな私はどれだけ食べても全く太る事はなかったですね~。

今では食べた分だけしっかり体重が増えていきます(;^_^A

今から40数年前の事です。

母親もよく一人で行かせたな~と思います。

携帯電話も無い時代に。

時代ですね・・・。

俺の女

「俺の女が疲れているから明日弁当無しな!」

こう息子に言うと

「わかった」

と言った後に

「おれのおんな?・・・」

と言いながら笑っていたので

「そうだよ~俺の女さ~ 今まで言った事ないけどな~」

と私も笑いながら言っていると、シャワ-を浴びていた筈の妻がバスタオルを巻きながら出てきて

「俺の女?誰?あんたの彼女?あんた彼女いたの?」

と矢継ぎ早に息子に質問してきた。

息子は

「違うわ~ それよりその恰好なんとかしてくれ~」

と言いながら少し目をそらしていた。

「俺の女は貴方の事ですよお母さん!!その恰好は息子の前ではNGだわ、俺の前だけにした方が良いね~」

と俺の女に言ってやった(笑)

妻は

「あ~そうね~ ぶつぶつ・・・」

と言いながら脱衣所へ戻って行った。

これが

俺の・・・私の

女・・・妻

です(笑)

お父さんのハートわしづかみ

「お父さん大変だ!!」

帰宅すると娘が走ってきた。

「どうした?」

と聞くと

「お母さんが・・・」

と言って黙ってしまった。

「お母さんがどうかしたのか?」

と言いながら娘を抱き上げると娘の部屋を指さした。

「部屋がどうかしたのか?」

と言いながら部屋へ向かい扉を開けると、すかさず娘が壁を指さして

「お母さんが高橋克典のポスタ-貼ったんだよ お父さんいいの?」

と言ってきたのだ。

娘は母親が父親以外の男性の写真(ポスタ-)を部屋に貼った事で、お母さんがお父さん以外の男性を好きになったと思ったようです。

これは今から22年程前の娘が小学2年生頃の話しなのですが、その時私は笑ってしまいました。

それと同時に娘の私に対する気持ちが嬉しかったですね。

女の子は「おませさん」というのは本当なんだと思いながら

「多分大丈夫だと思うな~ お父さんとお母さんは仲良しだからさ、見ていればわかるよ~」

と言いながら娘を抱きしめた。

娘は食事の時に、ご飯を口に入れては私と妻を観察していたが暫くすると安心した様子でした。

そんな娘は今年結婚した。

そして私達の33年目の結婚記念日にラインで「おめでとう」と送ってきました。

その内容の中に

「・・・感慨深いものがあります。これからも仲良く・・・」

と書かれていた。

その文面を読んで私も感慨深いものがありました。

22年程前にあんな事を言っていた娘がこれですからね。

ちょっと話しは戻りますが娘に「お母さんがポスタ-貼った!良いの?」と言われた時に私は笑ったのですが、笑った理由にはもう一つあったのです。

妻が高橋克典さんのファンなのは知っていたのですが、何故?子供達の部屋に貼った?

と思わず可笑しくなったのです。

貼るなら自分の部屋。

と言っても部屋は他に私達の寝室しかないのですが、ここには貼れないと思ったのでしょうね(笑)

私への気遣いかな?

これも女心なのかな?

まだまだ女心がわかっとらんな~と思った瞬間でしたね。

今もですけどね(笑)

家政婦は見た?

前にも書きましたが、我が家の猫は息子の事が大好きです。

二階に居ても玄関の扉を開けた音を聞いて、その音が息子だという事を確信すると走って迎えに行く。

二階の居間を出ると左に曲がらなくてならないのですが、焦って走って行くものですから床が滑り曲がり切れずに転倒する事が時々あります。

人間だと「いた~い」なんて事を言いながら、体をさすりながら立ち上がるのでしょうが、さすが猫です。

何事もなかったように体を立て直し素早く玄関へ行って

「ごろにゃ~ん」

と息子に甘えております。

まさに猫なで声で・・・

こんな猫なんですが

朝、家族の中で一番早く私が起床すると、どこからともなく鈴を鳴らしながら走ってきます。

そして私の顔を見るなり

「にや~ん」と

か細く鳴くんです。

そんな顔を横目に見ながら私はシャワ-を浴びに行きます。

シャワ-を浴び終わり扉を開けると座って待っていました。

「にゃ~ん」

私には「ごろ」がつかず「にゃ~ん」なんです。

この「にゃ~ん」を訳すと「ご飯ちょうだい!」なんです。

いつも私が一番早く起きてご飯をあげるものですから、『この人はご飯をくれる人』となっているんです。

ただ面白いのは、ご飯をあげて私はトイレに入ったのですが用を済ませ扉を開けると

「ころにゃ~ん」

と鳴いて待っているんです、「ごろにゃ~ん」ではなく「ころにゃ~ん」です。

「ごろ」まではいかないんです。

どうやら朝まで皆寝ていたので、早く起きた私にかまって欲しいようです。

顔の近くに手を出すと顔を擦り付けてきます。

この瞬間は可愛いんですけどね~ 調子に乗ってこっちから手を擦り付けすぎると

「フ~ッ!!」

と怒るんですわ。

なんだお前は!って感じです。

でも同じ事を息子がやっても「フッ~」と怒る事はないんです。

朝家を出る時間は息子の方が早い事が多いのですが、我が家の猫は息子が仕事へ行く支度をして出てくるまで息子の部屋の前で出待ちをしています。

そして部屋の扉が開き、荷物を持って出勤しようとする息子の足にまとわりつきながら顔を見上げて

「ごろにゃ~ん」

と鳴いて階段を降りて行く息子を見送るのです。

何故か見送りは玄関までではなく二階の階段までなんです。

その後に私が出勤するのですが私には同じような事はありません。

ただ、妻に見送られながら階段を降りるのですが丁度階段を降りきると鈴の音がするんです。

私が振り返ると

こんな感じです。

『家政婦は見た』状態です(笑)

ほぼ毎日これなんです。

私が出勤して家から居なくなる事を確認するのでしょうかね~

覗きながら・・・(笑)